犬 しつけ シャンプー

border

シャンプー

          
            愛犬をよい子にしたい飼い主のためのしつけ法 DVD 2枚セット

シャンプーの仕方

 季節にもよりますが、我が家では月に1〜2回のペースでシャンプーをしています。

 我が家では毛が短い種類なのでコーミングはしたことがありませんが、それでも定期的なシャンプーは消臭対策もありますし、必須です。

 日頃から散歩の後は濡れタオルで拭いてやるのであまりにおいは気になりませんが(足の裏は別です、クサ〜イニオイがたまりません?)、我が家の目安としては首元を撫でてやった時に「ちょっとしっとり(ベットリという表現の方が良いかもしれません)」していたらシャンプーの時期です。

準備は手抜かりなく

 シャンプーはよほど夏の暑い日は外で水道水を使ってすることもありますが、普通は風呂場で行っています。

 土曜日や日曜日の時間がゆっくり取れる日にシャンプーをしますが、冬場以外だったら前の日の風呂のお湯は捨てず、残り湯を最初のすすぎに使います。

 2度目のシャンプーはちゃんとシャワーを使ってあげます。

 1度目のシャンプーは市販されている犬用のシャンプーで汚れをさっととってやります。

 2度目のシャンプーは動物病院からもらってきた「皮膚炎」用のモノを使っています。

 皮膚炎やアレルギーではないのですが、田舎ゆえ、田んぼに撒く農薬が風で飛ぶのか、草むらなどを走り回った後は痒がるようなので、予防接種やフィラリアの薬をもらう時に一緒にもらってきています。

 一度、人間の赤ちゃん用シャンプーだったら大丈夫かと思って試してみたことがありますが、若干、皮膚が赤くなって痒がりましたので、今ではそれに懲りて使っていません。

 たかが月に1〜2回のシャンプーですので、ちょっといいモノを使いたいですね。

 シャンプーのときに気をつけたいのは、人間の赤ちゃんといっしょで目にシャンプーや水が入らないようにしてやrことです。

 どうしても嫌がりますし、シャンプー嫌いになってしまいます。

 お風呂にも挑戦したことがありましたが、川遊びは喜んでしますが、我が家のはどうも好みではなかったようです。

気をつけないといけないのは、シャンプーを念入りに良く落とすことと、良く乾かすことです。

洗ったあとはよく乾かす

 全身を洗うと、犬はブルブルッと体を揺すって自分で水切りをします。

  これが大型犬だと半端ではありません。

 なので、私は常に体に触っているようにしています。

 うまくいくと、一回も身震いしません。

 私の場合は、いきなりタオルでは拭かずに、上から一通り水を絞った後、タオルを使います。

 もう一つポイントとしては、全身を拭き終わった後は、ついでに耳掃除をしてやります。

 掃除と言っても、せっかく濡れたあとなので、軽くタオルで耳孔を拭いてやります。

 日頃サボっていると、ひどいことになっていますから、特に耳が垂れている犬種は要注意です。

 あまりひどい場合は、後で綿棒を使って丁寧に掃除してやります。

 風呂場から出した後は、選手交代して妻が乾いたタオルでもう一度全身を拭いてやっています。

 二度拭きするので、冬場以外はほとんどドライヤーを使って乾かすことはしていません。

 体が大きいのでキリがない、ということもありますが、それよりは一緒に遊んでやりながら、耳の手入や爪の手入をしています。

 時にはヒゲを切ったりもします。

 そうしているうちに短毛種なので、すぐに乾きます。

 流石に冬場のシャンプーの後は暖かい部屋に入れて、体が冷えすぎないように気をつけていますが。


  ≪犬のしつけ方 DVD 人気ランキング≫

       
  藤井聡 犬のしつけ〜DVDを見て愛犬の問題行動を改善〜  

ドッグマッサージセラピー 
 近藤千津子 & 町野裕子

  森田誠 愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」  


       [スポンサードリンク]
       

 

HOMEへ戻る

犬のしつけ(基本)

犬のしつけ
スワレ・マテ・フセ・コイ
散歩のしつけ
トイレのしつけ
ハウスのしつけ
留守番のしつけ

犬のしつけ(困った行動)

スローチェーン
困った行動の対処
ムダ吠えのしつけ

犬の美容と手入

犬の正しい手入
ブラッシング
つめ・歯・耳の手入
シャンプー
犬の服
犬のリボン(ラッピング)
犬のセラピーとマッサージ

犬の学校と遊び

犬の遊び
犬の学校
犬の訓練競技会
アジリティー

プロフィール

ブログ
さくらパパの気になる話

リンク集

[スポンサードリンク]