犬 しつけ 爪

border

つめ・歯・耳の手入

          
            愛犬をよい子にしたい飼い主のためのしつけ法 DVD 2枚セット

歯磨き

 毎日歯磨きを勧める獣医さんもいらっしゃるようですが、まずはシャンプー後のスキンシップでチェックで歯石や歯垢がないかをします。

 ドッグフードとせいぜい、おやつはガム、という我が家のワンちゃんたちは歯磨きをしたことがありません。

 しかし、これは犬種にもよるようですので、まずは歯垢や歯石がないかをチェックしてみましょう。

 野生の犬が歯を磨くわけも無いので人間の歯よりは頑丈にできているようですが、食生活によっては歯垢や歯石が虫歯や歯槽膿漏の原因になります。

  これも、人間とまったく一緒です。

 ましてや「お口がくさい」となったら一大事です。

 気になりだしたら、歯ブラシで軽く磨いたり、タオル地の小さなハンカチやガーゼを指に巻いて歯磨き兼歯ぐきマッサージをしてやると良いようです。

とは言え、歯磨きは小さい頃から習慣づけていないといけないでしょうから、そういう意味では、日頃のスキンシップは何をおいても重要ですね。

耳掃除

 耳が立っている犬種はさほどでも無いようですが、耳が垂れていたり、構造によっては耳の汚れに気がつかないこともあります。

 シャンプー後はチェックをするいい機会です。

  耳の汚れを放っておくと外耳炎やにおいの原囲になりやすいので、耳のなかが汚ないときは綿棒を使って掃除してあげます。

 ラブラドールなどの大きい犬は綿棒などでは追いつかないので、まずは濡れティッシュなどを使って大まかな汚れをとってやった後に綿棒で掃除します。

 慣れないうちは、ベビーオイルをつけた綿棒でそっと拭いてあげます。

  マルチーズなどのように、耳のなかに毛がたくさん生えている犬は、耳アカがたまりやすいので手入れを忘れずに行い、時には耳のなかの毛を、毛抜きで抜いてあげることも必要なようです。

爪きり

 これも、犬が嫌がる行事の一つです。

 いきなり爪を切るのではなく、やはり、十分スキンシップをとってから行います。

  暴れると、深爪して流血騒動になりかねません。

 毎日散歩に出歩いている犬は爪が自然にすり減るため、わざわざ切る必要はほとんどありませ
ん。

  ただ、前足の親指のツメだけは地面につかないので、どんな犬でも切ってあげる必要があります。

 ツメ切りは、犬専用のもので行います。

 小型犬なら普通に市販されているもので良いと思いますが、大型犬のば場合はすぐに壊れますので、きちんとした丈夫なものを選びましょう。

 もう一つ注意したいのは、犬も深爪をすると血がでます。

 短く切りすぎると、人と違ってツメのなかを通っている血管や神経をいためます。

  私も何度か可哀想なことをした経験がありますが、気をつけてましょう。


  ≪犬のしつけ方 DVD 人気ランキング≫

       
  藤井聡 犬のしつけ〜DVDを見て愛犬の問題行動を改善〜  

ドッグマッサージセラピー 
 近藤千津子 & 町野裕子

  森田誠 愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」  


       [スポンサードリンク]
       

 

HOMEへ戻る

犬のしつけ(基本)

犬のしつけ
スワレ・マテ・フセ・コイ
散歩のしつけ
トイレのしつけ
ハウスのしつけ
留守番のしつけ

犬のしつけ(困った行動)

スローチェーン
困った行動の対処
ムダ吠えのしつけ

犬の美容と手入

犬の正しい手入
ブラッシング
つめ・歯・耳の手入
シャンプー
犬の服
犬のリボン(ラッピング)
犬のセラピーとマッサージ

犬の学校と遊び

犬の遊び
犬の学校
犬の訓練競技会
アジリティー

プロフィール

ブログ
さくらパパの気になる話

リンク集

[スポンサードリンク]