犬 しつけ トイレ

border

トイレのしつけ

          
            愛犬をよい子にしたい飼い主のためのしつけ法 DVD 2枚セット

タイミングが大事

 トイレは生理現象ですから、きびしくしつければうまくいくというものでもありません。

  失敗を防ぐには、飼い主が賢く立ち回ることです。

 まず、犬のきれい好きな性格を利用しましょう。

 犬は自分の体や寝床か汚れるのを嫌います。

 寝床のそばにトイレを用意しておけは、排泄したくなったときは必ず寝床を出てソワソワしますから、その時にすかさずトイレに入れてやればいいのです。

 また、犬がトイレに行きたくなるのは、眠りから目覚めたとき、食事が終わったとき、そして、ひと遊びしたあとです。

 こんなときに前もって、トイレに連れて行ってやるのもひとつの手です。

 トイレを探すそぶりは、犬によって多少違いますが、必ず前兆があります。

 床のにおいをかぎ回ったり、部尾の隅で動き回ったりなど、どの犬も落ち着かなくソワソワするの
は同じです。

 最初は犬の様子をよく見て、トイレ探しのサインを見つけましょう。

 まずトイレの場所を覚えさせる

 犬は、においでトイレの場所を感知しますから、場所を覚えるまではトイレのなかに敷く新聞紙などは一度に全部とり替えないこと。

 そうじのときは、新しい新聞紙のなかに、においのしみ込んだ新開噛紙を少しだけ残しておきます。

 そうすれば、そこがトイレだということが、犬にわかりやすくなります。

 犬をトイレに人れてやり、犬にもそこがトイレだとわかったとしても、排泄までには時間がかか
ることがあります。

 せかしたり怒ったりせず、気長に待ってやってあげましょう。

 上手にできたら、うんとほめてやります。

 トイレで排泄することは、飼い主にたくさんほめてもらえる楽しいことなのだ、と犬に教え込むのです。

 トイレのしつけがうまくいけば、散歩の時に色んな道具を持ち歩かずに済むかもしれません。

 がんばりましょう。

しつけやすいトイレのアイデア

 最初は、寝床とトイレを置く囲いやケージの中にトイレシートやビニールを軟いておきます。

 こうしてはじめから失敗にそなえていれほ、たとえ、犬がおもらしをしてもそんなに腹も立ちません。

 犬がトイレを覚えるに従って、囲いは少しずつ広げていきます。

 完全に覚えて上手に決まった場所で排泄ようになったら、囲いをとり払ってもいいでしょう。

 しつけができていれば、犬は家の中のどこで遊んでいても、排泄したくなったらすぐにトイレまで
飛んでくるはずです。

 しつけによっては、トイレを人問と同じ場所にすることも可能です。

  犬がトイレのそぶりを見せたとき「トイレなの?」と、あえて声をかけるようにします。

 犬はとにかくトイレに行きたいので、何度か声をかけられるうちに「ワン」と答えるようになるはず。

  そのうちトイレに行さたくなると、「ワン、ワン」と知らせるようになるでしょう。

  これを覚えさせると、あとはトイレのドアを開けてやるだけですみます。


  ≪犬のしつけ方 DVD 人気ランキング≫

       
  藤井聡 犬のしつけ〜DVDを見て愛犬の問題行動を改善〜  

ドッグマッサージセラピー 
 近藤千津子 & 町野裕子

  森田誠 愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」  


       [スポンサードリンク]
       

 

HOMEへ戻る

犬のしつけ(基本)

犬のしつけ
スワレ・マテ・フセ・コイ
散歩のしつけ
トイレのしつけ
ハウスのしつけ
留守番のしつけ

犬のしつけ(困った行動)

スローチェーン
困った行動の対処
ムダ吠えのしつけ

犬の美容と手入

犬の正しい手入
ブラッシング
つめ・歯・耳の手入
シャンプー
犬の服
犬のリボン(ラッピング)
犬のセラピーとマッサージ

犬の学校と遊び

犬の遊び
犬の学校
犬の訓練競技会
アジリティー

プロフィール

ブログ
さくらパパの気になる話

リンク集

[スポンサードリンク]