犬 しつけ 散歩

border

散歩のしつけ

          
            愛犬をよい子にしたい飼い主のためのしつけ法 DVD 2枚セット

まずは室内で練習を

 犬にリードをつけ、室内を自由に歩かせます。

  おやつを持って「コイ」と犬を呼び、犬が飼い主のそばに来たらおやつを与えます。

  さらにおやつを持った手を犬の鼻先にかざして、2〜3m歩きます。

  犬が横について歩いてきたら「ヨシ、イイコ」とほめておやつを与え、「飼い主のそばを離れずに歩くといいことがある」と教えます。

  犬が離れたら、リードを踏んで動きを制限します。

  コツをつかんだら徐々に距離をのばしてみましょう。

散歩のマナー

 散歩は犬の体の成長や社会勉強に重要な要素です。

  散歩中、犬は街の風景を見たり、ほかの動物や人と触れ合うことで脳の働きを活性化させ、活き活きとします。

  散歩は犬の社会化にも役立ちますし、犬の「体を動かしたい」という運動欲求も満たします。

  別ページでは、散歩やコウエンデビューの心がけ、ドッグラン、ドッグカフェに行くときのしつけなどをまとめてみました。

 散歩中、飼い主は周囲に対して気を配り、犬や自分が他人に不快感を与えないよう、注意することが大切です。

  犬を社会に気持ちよく受け入れてもらうためにも、あなたが愛犬家を代表しているという心がまえで、散歩中のマナーをしっかりと守りましよう。

 散歩に出かける前に、自宅のトイレシートで犬に排せつをさせておきましょう。

  散歩には、かならずウンチ取り袋と水を入れたペットボトル(250mlくらいのもの)を持参します。

  ウンチ取り袋は、トイレットペーパーとビニール袋でも代用ができます。

  環境に配慮したい方は、シャベルをハサミのように重ねてつまみ取る樹脂製のバケット式ものもありますので、大きなホームセンターやペットショップで探して見るといいでしょう。

  犬が散歩中にしたウンチはウンチ取り袋にくるんで持ち帰り、ウンチについたゴミを取ってからトイレに流します。

  犬のウンチがゆるくて地面が汚れたら、水で洗い流しましょう。

  また、犬がオシッコをしたときも、その場ににおいを残さないように水で流します。

  他人の家の前や敷地内、公園の砂場など、みんなが気持ちよく利用したい場所では「排せつをさせること」自体がマナー違反となります。

  そのような場所で犬がにおいをかぎだしたら、犬にかまわず歩き続けて排せつをさせないようにします。

散歩中は必ずリードで犬の行動をコントロール

 商店街などの人ごみを歩くときや、ほかの犬とすれ違うときはリードを短く持ち、犬を自分の横につかせて歩きます。

  犬にリードをつけない「ノーリード」の状態で歩く人もいますが、犬がきらいな人にとっては小型犬も恐怖の対象です。

  また、ノーリードではいざというときに犬のコントロールができず、他人に迷惑を掛けるだけでなく、犬自身が危険にさらされます。

  犬が他人に飛びかかったり、道路へ急に飛び出して事故にあったりすることがないように、散歩のときはかならずリードをつけましょう。

  リードの長さを自由に調節できる「フレキシブル・ロングリード」は、とっさのときにコントロールしにくく危険なので、公道での使用は避けましょう。


  ≪犬のしつけ方 DVD 人気ランキング≫

       
  藤井聡 犬のしつけ〜DVDを見て愛犬の問題行動を改善〜  

ドッグマッサージセラピー 
 近藤千津子 & 町野裕子

  森田誠 愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」  


       [スポンサードリンク]
       

 

HOMEへ戻る

犬のしつけ(基本)

犬のしつけ
スワレ・マテ・フセ・コイ
散歩のしつけ
トイレのしつけ
ハウスのしつけ
留守番のしつけ

犬のしつけ(困った行動)

スローチェーン
困った行動の対処
ムダ吠えのしつけ

犬の美容と手入

犬の正しい手入
ブラッシング
つめ・歯・耳の手入
シャンプー
犬の服
犬のリボン(ラッピング)
犬のセラピーとマッサージ

犬の学校と遊び

犬の遊び
犬の学校
犬の訓練競技会
アジリティー

プロフィール

ブログ
さくらパパの気になる話

リンク集

[スポンサードリンク]